シフト(shyft) / SHIFT

(0.00)

シフト(shyft)とは

2018年3月クラウドセールを予定

KYC(顧客情報の確認)をブロックチェーン技術を用いて管理、提供する仮想通貨です。
企業側からするとより多くの人にサービスを提供したいのが当たり前ですが、中にはサービスにそぐわない人も出てきます。
ブラックリストや優良な会員、身元の判別、それ自体がかなりレベルの高い社外秘の情報です。
最も企業側がコストがかかる1つがこの顧客情報の管理です。
多くの国では顧客情報の流出や予め告知した使用用途以外への利用は厳禁ですし、セキュリティの高さを求めればそれだけ多くの人員と手間がかかります。
それを簡単に管理しようというのがこのシフト(shyft)の役割となります。


通貨単位 shyft
最大発行数 -
公式サイト シフト(shyft)公式サイト
ホワイトペーパー シフト(shyft)ホワイトペーパー

シフト(shyft)のメリット

1.顧客情報管理にブロックチェーン技術を用いた仮想通貨

顧客情報の管理をする仮想通貨はいくつかありますが、顧客確認の情報とそれを共有する考えの仮想通貨は他にありません。
マネーロンダリングや国境を超えたマネートラブルや犯罪が増えていますし、その問題点を簡単に低コストで解決出来るこのシフト(shyft)は多くの需要がありそうです。

シフト(shyft)のデメリット

1.あまりに情報が少ない

3月にICOを予定しており、すでにプレセールを終えているのですが販売する対象を絞っているのか情報が公式サイト以外にはあまりないのが現状です。
万全を期すなら情報が少ないICOは避けるべきですが調べた限り開発の会社は知名度があり大手のようですので、スキャムや詐欺coinである可能性は低そうです。


シフト(shyft)関連動画

シフト(shyft)公式動画

記事がありません。

評価がありません。