コインエクスチェンジ(QUOINEX)

(0.00)

コインエクスチェンジ(QUOINEX)とは

運営会社は元々シンガポールに本社があり、2014年に設立されています。

資本金は20億円で日本の取引所ではないにも関わらず早い段階で日本での展開に力を入れており、2017年に本社を日本に移しています。

コインエクスチェンジ(QUOINEX)の特徴は海外の取引所であった関係か、多くの種類の法定通貨で入金が出来る点です。

円、USドル、ユーロはもちろん、元や豪ドル…ルピーなど主要な国の通貨であればほとんど対応しています。

日本の取引所は基本的に円での入金に限られていますし、日本語で対応している取引所としては唯一無二と言っていいほどの利点だと思います。

取引できる仮想通貨の種類は少ない方かもしれませんが、今後多くの種類を追加していく予定であるようです。

取扱い通貨

ビットコイン(Bitcoin)

イーサリアム(Ethereum)

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

コインエクスチェンジ(QUOINEX)メリット

1.多くの法定通貨に対応

海外ではある程度当たり前ですが、多くの種類の法定通貨での入金に対応しています。

それに合わせて法定通貨と仮想通貨のペアがとても多く、22種類ほどあります。

法定通貨ももちろん価格変動があるので同じビットコイン(Bitcoin)とのペアでも高く売れたり、安く買えたりします。

その選択肢が他の取引所より多いのは大きなメリットと言えるでしょう。

コインエクスチェンジ(QUOINEX)デメリット

1.取引所としての知名度に劣る

日本語で対応しているためとても使いやすいのですが、知名度は他の主要な3つの取引所に大きく劣っているのは事実です。

しかし、取引高で大きく差を開けられているわけではなくその知名度がデメリットになっているとは今のところ感じられません。

今後、広告戦略にも力を入れていくようですのでこれからの変化に大きな期待が出来ます。

運営会社

公式URL コインエクスチェンジ(QUOINEX)公式サイト
会社名 QUOINE株式会社 
設立 2014年11月
代表取締役 柏森加里矢
本社所在地 東京都千代田区平河町2-7-3

記事がありません。

評価がありません。