オムニ(Omni) 旧Master / OMNI

(0.00)

オムニ(Omni) とは

元々、2013年にMastercoinの名称で始まった分散型金融プラットフォームです。

2015年に名称が変わりオムニ(Omni) となりました。

その歴史は仮想通貨の中でも古い方で、ビットコイン2.0を利用して行われた世界初のクラウドファンディングとして注目されました。

ビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーン上のプラットフォームを利用しているため、承認時間が10分であったり、手数料がビットコイン(Bitcoin)がかかったりします。

誰でも独自の通貨を発行出来たり、ビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーンを利用しているため独自通貨とオムニ(Omni)オムニ(Omni)ビットコイン(Bitcoin)の分散型の取引が出来るのが特徴です。

通貨単位 OMNI
最大発行数 約600,000 OMNI
公式サイト オムニ(Omni)公式サイト
ホワイトペーパー オムニ(Omni)ホワイトペーパー
ブロックチェーン -

オムニ(Omni)のメリット

1.独自通貨の発行機能

これは今現在では他の仮想通貨も行えるようになっていますが、当時そこの点に目をつけたクラウドファンディングを行ったこと、知名度が高い点で有利です。

独自の通貨が発行できても利用者が少なければその価値は高まらず、流動性の多さが価値の向上と直結しているためその点では他の仮想通貨と連動して価値が上がる可能性はあります。

オムニ(Omni)のデメリット

その歴史が古いため、構造的にはあまり新しさはありません。

日進月歩の進化を遂げる仮想通貨においてこのデメリットは大きく、投機的な売買がメインとなる可能性が高いと考えられます。

オムニ(Omni)関連動画

記事がありません。

評価がありません。