モナコイン(MonaCoin) / MONA

(3.00)

モナコイン(MonaCoin) / MONA とは

モナコイン(MonaCoin) / MONAとはライトコイン(Litecoin)を元に開発され、2014年1月にリリースされた仮想通貨です。

モナーと呼ばれる2ちゃんねる(現5ちゃんねる)発祥のキャラクターを使った仮想通貨で日本で最初のものです。

ビットコイン(Bitcoin)に先駆けてSegwitを導入したことでも有名です。

モナコイン(MonaCoin) / MONAが出た当初は巨大掲示板のキャラクターが使用されていることもあって、ネタコインの1つだと思われていました。

しかし、時間が経つ毎にその実力や信頼性が認知され、一時2000円を超えるほどの値段がつきました。

今は多少値段が落ち着いていますが、それだけのポテンシャルがこの通貨にはあると言えるでしょう。

通貨単位 MONA
最大発行数 151,200,000MONA
公式サイト モナコイン(MonaCoin)公式サイト
ホワイトペーパー -
ブロックチェーン ブロックチェーンURL

モナコイン(MonaCoin)のメリット

1.承認スピードが早い

ビットコイン(Bitcoin)が10分に対して、平均90秒と圧倒的に早いことは大きな強みです。

システム的に早ければ良いわけではありませんが、承認スピードが早いことは待ち時間の少なさに繋がり取引の増加を後押しします。

2.日本発祥の仮想通貨であること

これは他の仮想通貨にはない大きなメリットを2つ生んでいます。

1つはモナコイン(MonaCoin)の情報を最初に得られるのは日本人だということ、大多数の仮想通貨は英語での報告ですが日本発祥のモナコイン(MonaCoin)は日本語で報告されるため情報収集が容易です。

もう1つが物を買えるということ、秋葉原を中心にモナコイン(MonaCoin)が使える場所がどんどん広がっています。

お米など日用品に使えるのは投機的な利用が主な仮想通貨では大きな強みです。

モナコイン(MonaCoin) のデメリット

1.取引量の少なさ

2017年の年初と比べると取引高はかなり増えましたが、他の仮想通貨と比べるとやはり少ないと言わざるを得ません。

今後の展開に期待されるところですが、取引したい値段で中々取引できないということも現在はあります。

知名度が更に上がれば解消されるデメリットではあります。

モナコイン(MonaCoin) / MONA の新着記事

  • 投稿者:モナー ( 2018年01月 )

    評価値:(3.00)

    2ちゃんのキャラがモナーっていうのを学びました。 仮想通貨は奥が深い・・・