ライトコイン(Litecoin) / LTC

(4.00)

ライトコイン(Litecoin)とは

グーグルの元社員であるチャーリー・リーさん(Charles Lee)が2011年10月に公開した、アルトコインの中でも歴史のある仮想通貨です。

基本的にはビットコイン(Bitcoin)の特徴と同じのなのですが、発行上限数や承認時間などビットコイン(Bitcoin)の欠点とされているところがブラッシュアップされています。

ビットコイン(Bitcoin)を金とすればライトコイン(Litecoin)は銀という言葉もあるように、その価値の変動には相関性が見られます。

通貨単位 LTC
最大発行数 84,000,000LTC
公式サイト ライトコイン(Litecoin)公式サイト
ホワイトペーパー -
ブロックチェーン ブロックチェーンURL

ライトコイン(Litecoin)のメリット

1.承認時間の早さ

最初に述べた通り、ビットコイン(Bitcoin)と比べて承認時間が短くなっています。

ビットコイン(Bitcoin)が10分に対してライトコイン(Litecoin)は2分半です。

約4分の1の速度で承認が終えられるため、4倍の取引量が生まれても遅延が起こらないと言えます。

2.アップデートが早い

開発者がはっきりしているため、開発スピードが早く柔軟なアップデートを行っています。

ブロックサイズの拡張に大きな好転が見込めるSegwitを始めとして、開発が積極的であることは大きなメリットと言えるでしょう。

ライトコイン(Litecoin)のデメリット

1.暗号生成の弱点がすでに発見されている

ライトコイン(Litecoin)が使用しているScryptと言う暗号生成のアルゴリズムは専用の機器を使うことで非常に効率よくマイニングすることが可能です。

このため、PoWが本来の予測通り進まず、報酬が膨れ上がり破綻してしまう恐れがあると言われています。

ライトコイン(Litecoin) 関連動画

ライトコイン(Litecoin) 公式動画

ライトコイン(Litecoin) / LTC の新着記事

  • 投稿者:々さん ( 2018年01月 )

    評価値:(4.00)

    信頼できる仮想通貨の一つとして投資してます。 あとロゴが好み。