リスク(Lisk) / LSK

(3.00)

リスク(Lisk)とは

Cryptiからハードフォークして開発された分散型アプリケーションプラットフォームです。

イーサリアム(Ethereum)と似ているのですが、スマートコントラストにJavascriptを採用している点が大きな違いで、より技術者の自由度が高くなっています。

リスク(Lisk)とは

リスク(Lisk)は2016年にドイツで生まれました。

リスク(Lisk)の特徴を簡潔に説明すると誰でもブロックチェーンを作り出せるプラットフォームだと言えます。

ICOなどをはじめとして新しい考えのもと仮想通貨やアプリを作るときに使われることが主な使用目的だと考えられます。

その点ではイーサリアム(Ethereum)と似ていますが、相違点を後述したいと思います。

通貨単位 LSK
最大発行数 なし
公式サイト リスク(Lisk)公式サイト
ホワイトペーパー リスク(Lisk)ホワイトペーパー
ブロックチェーン ブロックチェーンURL

リスク(Lisk)のメリット

1.JavaScriptを開発言語として使える

JavaScriptと言う言葉はパソコンに詳しくなくても聞いたことがあるかと思います。

世界中で使える人が多いということはそれだけ需要も大きくなり、リスク(Lisk)の価値も高まることが予想されます。

リスク(Lisk)のデメリット

1.インフレの恐れがある

発行制限がないために、いくらでもリスク(Lisk)が増える可能性があります。

そのためにリスク(Lisk)自体の価値が下がりやすいと思いますが、発行ルールとして発行数を減らしていくように決められていることから一気に価格の暴落となるほどの発行が行われる可能性はそれほど高いとはいえないでしょう。

リスク(Lisk)関連動画

リスク創業者とのインタビュー動画

リスク開発者のインタビュー動画

リスク(Lisk) / LSK の新着記事

  • 投稿者:あ ( 2018年01月 )

    評価値:(3.00)

    リスクの高い仮想通貨でなんでこんな名前にしたのかって思ってたけど、あっちはRだから外国の人は連想しないのかな 機能とかは全然知りません笑