公開鍵暗号

公開鍵暗号とは対になる「公開鍵」「秘密鍵」の2つを用いてデータの暗号化と復号化を行う方式のことです。

それまでは 秘密鍵暗号方式と呼ばれるもので、1976年にホイットフィールド・ディフィーと言う人が公開鍵暗号方式を発明したのです。

そして、それが実用化されるの1977年にRSA 暗号と呼ばれる素因数分解を用いた方法が発見されてからです。

本来の公開鍵暗号の主な使用方法は暗号化と署名の2つですが、ビットコイン(Bitcoin)においては署名の目的にしか用いることは原則ありません。