51%攻撃(51% attack)

悪意のあるグループ、または個人により採掘速度全体の51%以上を支配し、不正取引を行うことです。

二重支払いすら故意に起こすことが可能となるため「二重支払い攻撃」と言う別称もあります。

ビットコイン(Bitcoin)のシステム上、最も長いブロックチェーンの取引を正確な取引だと認識することを逆手に取ったもので、現実的には過半数の採掘速度を越えようとすると莫大な資本と設備が必要となります。

しかし、ビットコイン(Bitcoin)以外のマイナーが少ない仮想通貨であれば全体的な採掘速度が小さく、必要な資本や設備が少なくて済むためこの51%攻撃(51% attack)の対象となる危険性が高いと言えます。