セキュリティ・安全性で選ぶ国内取引所ランキング!

取引所 日本

目次



仮想通貨の歴史はセキュリティ問題の歴史と言って良いほど、ずっとつきまとっている問題です。
セキュリティの高いシステムを構築するのは人であるために、そのシステムを破ることも必ず可能です。
今回はコインチェック(coincheck)の不正出金事件で高まったセキュリティ問題に強い取引所を見ていきます!



取引所セキュリティの向上には多くの要素があります。
それぞれの特徴をおさらいしましょう。


1.ウォレット

ウォレットは仮想通貨を入れておくお財布ですが、用いるデバイスやオンライン・オフライン等の違いで多くの種類があります。
ここで気にしたいのは資産管理をホットウォレットかコールドウォレットかの違いです。
インターネットに接続されているかが違いとなり、接続されているものがホットウォレット、されていないものがコールドウォレットで当然コールドウォレットの方がセキュリティは高いです。


2.2要素認証

最近はスマートフォンのアプリを使った2要素認証が多くなっていますね、現在はほぼ全ての取引所で設定が可能です。
ログインの際にIDやメールアドレス、パスワード以外にもワンタイムパスワードなどを使って認証(設定・登録した文字以外の2つの要素での認証)する方式のことです。


3.これまでに不正アクセスにあったか

これまでに不正アクセスがあったかどうかの実績は非常に重要かと思われます。
世界中で小さいものから大きな規模まで様々な不正アクセスがありましたが、その中で一切ないというのは強みだと思います。


4.金融庁の認可

登録し、認可が下りた取引所は政府からのサポートをも受けやすいでしょう。
ここも重要な要素となりそうです。


5.資本金や株主、業務提携先

やはり、資本金が多く業務提携先に大手の名前があると信頼できる取引所であると言えます。
大手が提携する際には多くの審査があるでしょうし、そういった意味では上記の政府の認可よりも厳しくなると予想出来ます。



ランキングに入っている取引所は全てコールドウォレット対応、認可済みですので、その他の項目を中心に見ていきましょう。


1位:ビットフライヤー(BItflyer)

資本準備金も含めて41億以上と圧倒的な資本金の取引所です(国内仮想通貨取引所では1位)。
株主も大手がその名を連ねており、SMBC・MIZUHO、MUFG、第一生命、GMOなど。
セキュリティ面でもコールドウォレットで管理され、過去の不正アクセスにさらされたことはありません。
扱っている仮想通貨の手堅さもあり、信頼度ではトップと言えるでしょう。

bitflyer01


2位:コイン(Quoine)

国内ではあまり知名度は高くないイメージがありますが、それもそのはず広告費ではなく設備費にまわしていることをCEOである栢森さんが明言しているからです。
これまでに一度も不正アクセス、大規模なサーバー障害がないことが物語っていますね。
下記は公式テレグラムの一部ですが、やはり堅実な運営は地道な努力の積み重ねになることを証明していると思います。

Quoine01

Quoine02


3位:ビットポイント(BitPoint)

2016年に信託保全スキームをいち早く導入した取引所となります。
信託保全されているため、もし何かあってもユーザーの資産は日証信託銀行から返還がなされることは信頼出来る取引所であると言えます。

BitPoint01



これまでよりも確実に取引所の安全性は求められ、政府主導のもと大きく変革があるでしょう。
法整備が急務であるとは言え、一度に変えるには項目が多すぎるので一歩ずつ着実に行われるかと思います。
取引所にセキュリティの高さを求めるのは当然ですがユーザー一人ひとりの防犯意識によっても盗難被害にあうかどうか変わってくるでしょうから、今一度アカウントのパスワードや2要素認証を見直したりコールドウォレットへ移す資金も多くしたり対策をしたいところです。

関連記事