取引所は開設すればするほど儲かる!?

目次


今回のコラムは取引所の選択する理由と複数の取引所で口座開設するメリット・デメリットについて触れていきます。
結果から言えば取引所は選択するものではなく、目的に合わせて使用するのが最善でしょう。
複数取引所に作ったことで維持費や手数料が増えるわけではありませんのでデメリットを理解した上で作れるだけ作るのが良いと思います。



メリット

未だ全ての仮想通貨を取り扱う取引所は誕生していません、各仮想通過ごとに繋がりの強い国や取引所があるのでこれからも恐らく誕生しないでしょう。
多くの取引所で取り扱われている仮想通貨は信頼性が高いですが、例えばエイドスクニーン(Aidos Kuneen)はAidos Marketでしかでしか取り扱っていませんし、将来有望です。
ですので複数の取引所口座を持ち、より多くの仮想通貨を取引できることは機会損失をなくしチャンスを掴み取れる大きなアドバンテージとなるのです。



Aと言う取引所とBと言う取引所のビットコイン(Bitcoin)価格差がゼロであることはまずありません。
そのため、安い方で買い高い方で売れば利ざやが稼げます。
取引所間の価格差が大きければ大きいほどその利ざやが大きくなるため、仮想通貨は向いている稼ぎ方でしょう。



1つの取引所が破綻しても複数の取引所に資産を分散していれば、全ての資産がなくなることはありません。
しかし、一つの取引所に仮想通貨の資産全てを入れていたらどうでしょう…。
認可制など法整備がなされだしたと言っても銀行と比べるとまだまだ比較にならないほど不安定な取引所もあります。
複数利用自体が資産消失のリスク回避になるのです。



デメリット

国内の取引所は全て個人情報の提出が義務付けられています。
そのためハッキング対策は万全ですが、大手だからこそ目をつけられやすい部分はあります。
人が作ったセキュリティを破るのも人であれば可能です。



複数口座を持つことは複数のログイン方法があり、パスワードや2要素認証の管理も生まれてきます。
口座ごとのポートフォリオも必要かもしれません。



デメリットは確かにありますが、それを補って余りあるメリットがあると考えられます。
もっとも取引だけで言えばメインだけでも、メインとサブの2口座で取引することも十分可能です。
ですが、口座開設は少しの手間で行えるので海外取引所も含め少しでも多くの口座を作成することをおすすめ致します!



番外編:絶対抑えたい手堅い取引所


1位:コインチェック(coincheck)

最近CMでもおなじみの取引所です

coincheck


【多くの仮想通貨を動かして利益を生みたいのなら】コインチェック(coincheck)が一番おすすめです。





2位:ビットポイント(BITPOINT)

東証マザーズ上場の株式会社Remixpoint(リミックスポイント)の運営する取引所です。

ビットポイント


今なら3,000円のビットコイン(Bitcoin)がもらえるので試しに開いてみるの価値あり!


キャンペーン詳細はこちら




3位:バイナンス(Binance)

新規口座開設に制限が出るほど話題沸騰中の大手取引所です。

bainance日本語01

出来たばかりですぐに【取引高世界一】になりました、取扱仮想通貨の種類も国内とは比べられない100種類以上です。

これから値上がりが期待できる仮想通貨が多く存在しているので持っていて損はない取引所です。