コインチェック(coincheck)が匿名性の高い仮想通貨の取扱を廃止

目次


コインチェック(coincheck)が匿名性の高い仮想通貨の取扱停止を検討していると報道されています。


以前よりコインチェック(coincheck)に金融庁からの仮想通貨交換業者の許可が降りない理由を「匿名性の高い仮想通貨」の取扱を停止しないことだとニュースになっていました。

時事ドットコム(時事通信社)報道内容

国内の取引所の中で最も取り扱う通貨が多く、オープンであるのがコインチェックの強みでもあったと思います。
その強みをなくしても仮想通貨取扱の事業者認定を得たい意向のようです。

アメリカでも仮想通貨交換業者は許可制となり認可の降りていない取引所の運営を認めない方針で固まっており、全世界でマネーロンダリングなどの資金洗浄に用いられる可能性が高いモネロ(Monero)ダッシュ(Dash)ジーキャッシュ(Zcash)の取扱が大きく制限・もしくは禁止される可能性は高いと言えるでしょう。


マネーロンダリングが最も懸念されていますが、匿名性の高い(トランザクションを追跡できない)仮想通貨の売買は脱税の温床になる可能性もあり一度厳しくなった規制は厳しくなる一方でしょう。
モネロ(Monero)に関してはすでに闇サイトでの取扱が報じられ、大規模な捜査が行われました。
この規制が拡大し取引所で匿名性の高い仮想通貨が取り扱えなくなれば匿名性の高さを売りにしているICOも大きな影響を受けることになります。
ただ、闇サイトでの需要はゼロにはならず値段がつかないということもなさそうです。