コインチェック(coincheck)が盗難されたネム(NEM)約580億円の返金補償とその後の展望

目次


1月26日にハッキング被害にあい盗難されたネム(NEM)流出時のレートで600億円のコインチェック(coincheck)が日本円での返金補償を行いました。


coincheck compensation01-

補償の対象者は約26万人、補償総額は約463億円となっています。
流出から45日を過ぎた3月12日に返金が行われました。

その後、二度の行政処分が行われ、その対応に追われています。
今注目されるのは3月22日までに金融庁への報告書類の提出です。

一度失った信頼を回復するのは非常に困難ではありますが、コインチェック(coincheck)の改善次第では現在ビットコイン(Bitcoin)取引額5位の状況を覆すことも十分可能だと考えられます。
ガバナンス改善やセキュリティ面での抜本的な意識改革、経営陣の入れ替え等も視野に入れ改善されることが必須でしょう。


一度大きく信頼を失った企業はすぐに表舞台から姿を消すか、返り咲くか両極端に別れるイメージがあります。
半年や1年と言ったスパンでは難しいと思いますが、長期的に投資家保護が優先される健全な運営を行ってもらたいところです。