ビットコインの値が100万円越え、大手取引所クラーケン(Kraken)CEOの発言に注目が集まる週末!

仮想通貨 取引所 海外

目次



2017年の12月以来久しぶりにビットコイン(Bitcoin)の価格が1万ドルを超えています。
また、13日に開かれた世界政府サミット(世界中の政府の未来を築くための主要な世界的フォーラムの1つ)で取引所であるクラーケン(Kraken)のCEOであるジェシーパウエル(Jesse Powell)氏は取り扱っている仮想通貨に詐欺の疑いはほぼないと発言し注目を集めています。

Price increases Jesse-Powell01


2017年の12月以来久しぶりにビットコイン(Bitcoin)の価格が多くの取引所で1万ドルを超えています。

明確なポジティブな情報があったわけではなかったのですが、新たなネガティブな印象を持つ情報がないことでじわじわと価格が上昇したのでしょうか。

Price increases 02

今週話題になったと言えばこの発言を見逃せません、今月13日に開かれた世界サミットでクラーケン(Kraken)のCEOが「取り扱っている仮想通貨はほぼ間違いなく詐欺ではないと調査の上で上場していると発言しました。
クラーケン(Kraken)は現在も疑惑の対象となっているテザー(Tether)が含まれていることから多方面で話題になっています。

Price increases 03


テザー問題とは…テザー社が発行するUSドルとのペッグ制の仮想通貨でその発行数とテザー社の保有しているUSドルに大きな開きがあり、かつ発行した仮想通貨でビットコイン(Bitcoin)の価格を買い支えて維持しているのではと疑惑が話題になった問題。


ビットコイン(Bitcoin)の価格が下がり、上がったことで下げ相場が一段落した印象を受けます。
テザー社の件に関してもはっきりと疑惑が解消されたわけではないので、下がる要因はありますが今のところ安定しています。

これから12月の最高値と比べてどれくらいまで価格が戻るのか、はたまた価格は下がるのか…注目すべきところに差し掛かっています!

関連記事