イタリアの取引所「ビットグレイル(BitGrail)」から約200億円分の仮想通貨「Nano」が流出

仮想通貨 海外

目次


イタリアの仮想通貨取引所の1つであるビットグレイル(BitGrail)は2月9日に、仮想通貨「Nano」を1700万XRB流出させたと発表。
日本円換算で約200億円となり、1月のコインチェック(CoinCheck)に続く二番目のワースト記録となります。


BitGaril nano01

 ビットグレイル(BitGrail)ニュース

内容:1700万XRBの不正な取引が発生したことを確認しました、被害届を提出しており現在警察の調査が進行中です。

より詳しい状況を確認し、顧客資産の保護のため一時的に引き出しや預金など全ての機能が停止されます。

ご迷惑をおかけし大変申し訳ありません。

BitGaril nano02

 ビットグレイル(BitGrail)CEO Twitter

内容:ビットグレイル(BitGrail)からナノ(Nano)が盗まれました。

盗まれた全額を返還することは難しいでしょう。

BitGaril nano03

 ナノ(Nano)運営からの報告 公式サイト

内容:私達の予備調査では二重に支払いが行われた等の記録は確認出来ておらず、ナノプロトコルの問題で起こった流出ではありません。

この損失を埋めるために元帳の修正を提案されましたが、これは我々が目指す方向性とは違っており拒否しました。

我々はビットグレイル(BitGrail)の運営に責任を負いませんし、彼らをコントロールすることも出来ません。

ビットグレイル(BitGrail)のCEOがコミュニティとナノ(Nano)の運営を誤解させ・欺いていると感じる情報を持っています。

CEOのFirano氏の個人的な投稿には反応しません、我々が持つ全ての情報を使って法執行機関に提示します。

ナノ(Nano)のセキュリティに問題があったわけではないことからネム(Nem)の時と同様にハードフォークは行わないとの発表がナノ(Nano)の運営よりありました。
さらにナノ(Nano)の運営への対応やビットグレイル(BitGrail)自体の支払い能力への不信から今後の協力は出来かねるとの見解も伝えています。
ネット上では流出発表前から一日の出金額に制限(10BTC/日)があったり、補填が難しいとの発表をするまでの期間が短すぎることなどからビットグレイル(BitGrail)のCEOであるFrancesco Firano氏に【計画倒産では?】と非難の声が上がっています。

コインチェック(CoinCheck)の流出事件から一ヶ月も経たず、似たような巨額の流出事件が起こり仮想通貨界は揺れています。
今ハッカーの中で仮想通貨取引所への攻撃が最も儲かるという事もあって育成や技術の共有が進んでいると言う話も見られます。
相次ぐ流出事件に対し、ホワイトハッカーを含めより安全な取引所の運営を出来るように政府主導の元、規制やルール整備が行われ変わっていくでしょう。

関連記事