【緊急速報】2400億規模のペッグ制崩壊か!?ビットフィネックス(Bitfinex)、テザー(Tether)に召喚状!

目次



テザー社が管理・運営するUSDテザー(Tether)USドルの担保が発行分の約22億ドルに不足している可能性が指摘され、米商品先物取引委員会(CFTC)からビットフィネックス(Bitfinex)テザー(Tether)の最高責任者CEO(両社のCEOは同一人物)に召喚状が送られたとの情報が関係者の口から語られました。


この問題は2017年頃からすでに疑惑という形で広まっていました。
テザー(Tether)はUSドルと価値を同等にしているペッグ制の仮想通貨です。
それを利用しテザー社がUSドルを担保にテザー(Tether)を発行、ビットコイン(Bitcoin)を買い増しし価格を高める相場操作の疑惑をずっとかけられていました。
その分テザー社は同等のUSドルを保有していると主張し続けていたのですが今回その疑惑がテザー社の監査をしているFriedman LLPとの関係を解消したことで様々な憶測とともに仮想通貨の相場にも悪影響を及ぼしているのです。
つまりは買い支えられてその価値を維持していたビットコイン(Bitcoin)が支えられなくなり、暴落するのではという懸念が本格化しています。


もしテザー(Tether)の信頼と価値がゼロになってしまった場合、未曾有の価格暴落が起こるでしょう。
規模も2400億円と前代未聞です、コインチェック(coincheck)の問題とは全く違う方向性で仮想通貨界に激震が走ります。
ただ、監査法人Friedman LLPが資産の全体像の把握が期間内には困難だとして解消したように確認にも時間がかかりそうです。


※この件に関しては新しい情報を把握次第、記事の追加を致します。