バイナンス(Binance)がハッカーに懸賞金25万ドル!

取引所 海外

目次


仮想通貨取引所バイナンス(Binance)で3月7日に起こったハッキング未遂事件の情報提供者に25万ドル(およそ2600万円)の賞金を賭けました。


大規模なサイバー攻撃の対象となりあわや仮想通貨の流出騒ぎが起こりかけたバイナンス(Binance)

Encryption Wallet built  smartphone01

その手口は実に巧妙でフィッシング詐欺により複数のアカウントを所持。 そのアカウントで価格を釣り上げ、売却後ハッカーのアカウントに仮想通貨を移動させようと試みました。

今回は未遂で終わり、バイナンスのセキュリティシステムが作動。
出金申請を保持したまま特定のアカウントを停止、預金や口座内の仮想通貨は凍結されているとのことです。


今回の件でバイナンス(Binance)の安全性の高さと危機意識の高さを知らしめることになりました。
総額で1000万ドル(およそ11億円)ほど用意されている懸賞金の内、25万ドルを今回のハッカーの逮捕につながった情報提供者に支払うとの発表がありましたが、他の取引所よりも高いサービス提供を行うことで有名なバイナンス(Binance)の株がまた上がった事件となりました。
今後も同様の懸賞金を支払う取引所が増えると見られ、ホワイトハッカーの増加を後押しすることでしょう。

関連記事