ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash) / BCH

(4.00)

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは

2017年8月1日のハードフォークにより生まれた仮想通貨です。

根幹は同じものですが、技術的な面でビットコイン(Bitcoin)にあったデメリットを克服しています。

もう少し細かく言うとブロックサイズがビットコイン(Bitcoin)よりも大きくそれに由来した問題の克服に成功しています。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)を知らなかった方は最近生まれたビットコイン(Bitcoin)の改良版だと考えて頂ければ良いかと思います。

通貨単位 BCH
最大発行数 21,000,000 BCH
公式サイト ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)公式サイト
ホワイトペーパー -
ブロックチェーン ブロックチェーンURL

メリット

1.ブロックサイズの改良

ビットコイン(Bitcoin)につきまとっていた問題で最も直接的な影響をもたらすと言われていたのがスケーラビリティ問題でブロックチェーンのブロックサイズが1MBに制限されていたことで多くの問題(処理遅延、手数料の増加)が発生していたことです。

本来のビットコイン(Bitcoin)の着想では送金を数分以内に終えると言うものがあったのですが、それが価格の高騰、取引量の増加、取引者の増加…と言った理由で数十倍から百数十倍まで増加していたのです。

その送金の遅滞を生んでいたのがブロックチェーンのブロックサイズ限界の低さで、それが8MBまで引き上げられたことで純粋に8倍の早さで処理を終えられるのでは?と期待されています。

2.難易度調整用に新しいアルゴリズム採用

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)は独自のアルゴリズムDAAを採用しており、ハッシュレートの急激な変動を抑えることが出来ます。

ビットコイン(Bitcoin)にも難易度調整のアルゴリズムはもちろん採用されていましたが、欠点もありました。

そのアルゴリズムEDAは発掘速度の調整を行う際に大きな変更を一度に行うため、採掘者(マイナー)が集中的にブロックが生成されシステム的な負荷が危惧されていました。

その点このDAAは新しい基準と調整箇所で採掘難易度を変更するので段階的な難易度の変更が可能となっています。

デメリット

1.知名度の低さと実用性

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)のデメリットは知名度の低さと実際に使用できる場所がビットコイン(Bitcoin)と比べて圧倒的に不足していることが挙げられます。

また、技術的な部分でビットコイン(Bitcoin)を凌駕していても政治的な力がなく、ビットコイン(Bitcoin)側から見ればビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)は市場のシェアを奪い合うライバルという事になります。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)側に全く不備がなくともビットコイン(Bitcoin)やそのマイナー、開発者や取引所の動向によっては価値が大幅に下落する危険性を秘めていると言えるでしょう。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)関連動画

「ビットコインとビットコインキャッシュの違いとは?」Jimmy Song氏

Jimmy Song氏とは、ビットコイン開発者

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash) / BCH の新着記事

  • 投稿者:さなま ( 2018年01月 )

    評価値:(4.00)

    ビットコインに取って代わること祈って長期保有してます。 今後に期待!