テレグラムオープンネットワーク(TON) / GRAM

(0.00)

テレグラムオープンネットワーク(TON)とは

詳細は未だ発表がありませんが、2018年3月に一般購入者を対象にICOを行うと言われています。テレグラムオープンネットワーク(TON)プラットフォームを利用し発行されるトークンがグラム(GRAM)と言う名称のようです。
元々テレグラムは3億人の利用者を抱える匿名性の高いメッセンジャーですが、その秘匿性は高く暗号化通信され送信内容を読み取れるバックドアを設けることを否定しています。
さらにテレグラムは多くの仮想通貨の意見交換ツールの1つとして、フェイスブックやツイッターと共に利用されています。
この機会にテレグラムをダウンロードし、利用するのも1つでしょう。

公式サイト:テレグラム公式サイトはこちらから


通貨単位 GRAM
最大発行数 5,000,000,000 GRAM
説明サイト テレグラムオープンネットワーク(TON)公式サイト
ホワイトペーパー テレグラムオープンネットワーク(TON)ホワイトペーパー

テレグラムオープンネットワーク(TON)のメリット

1.匿名性の高いメッセンジャー大手のICO

テレグラムはすでに大きな利用者を抱えています、ロードマップとしてはアプリケーションやサービス「スマートコントラクト」を用いた契約などを作成できるようになります。
すでに850万ドル(約9億円)を投資家から集めており、将来性も信頼感も高いように感じられます。
現在は本格的に情報が提供されているわけではありません、さらに詐欺も横行しているようですので購入には信頼のおける人からの紹介などでご検討ください。


テレグラムオープンネットワーク(TON)のデメリット

1.長期的なICOになる予定

TONの計画は2021年まで計画されており、取引所への上場予定は2019年頃の予定です。
つまりこの仮想通貨が取引可能になるまで時間がかかり、機能を利用するにはさらに時間がかかるということです。
長期的な運用であれば内容・発行元ともに手堅いため良さそうですが短期的な運用には不向きかもしれません。


テレグラムオープンネットワーク(TON)関連動画

テレグラムオープンネットワーク(TON)動画

記事がありません。

評価がありません。