ACDトークン(ACDToken) / ACD

(0.00)

ACDトークン(ACDToken)とは

第1期のプレセールが30分前後で売り切れたことで非常に期待されているICOです。
ANAホールディングス株式会社の出資を受けた共同企業体である株式会社ACDが運営していると言うことで非常に期待が出来ます。
さらに2018年3月発足予定の一般社団法人ブロックチェーンビジネス協議会には元国務大臣である鈴木宗男氏も新しくメンバーに加わった報告がサイト内に記載されており相当豪華な布陣であるように感じます。


通貨単位 ACD
最大発行数 -
公式サイト ACDトークン(ACDToken)公式サイト
ホワイトペーパー ACDトークン(ACDToken)ホワイトペーパー

ACDトークン(ACDToken)のメリット

1.すでに事業に成功している

株式会社ACDはすでにECサイトを持っており、事前通関、国債宅配等のサービスに対応出来る下準備は出来ているようです。
中国国内で最大手のテンセント社とも基本合意書を交わしており、より大きな規模感で運営可能な基盤があります。
2年ほど運営していることから事業自体の安定性もかなり高い水準で保たれている様に感じます。


ACDトークン(ACDToken)のデメリット

1.競合が多く、ホワイトペーパーがない

販売やそれに付随する手間や情報管理をブロックチェーンで行う仮想通貨は多く存在し、決して真新しいものではありません。
さらにホワイトペーパーがない状態でのICOとなりそうですのでこれまでの実績とこれからのロードマップが守られることを信じてICOへ参加することが避けられません。


ACDトークン(ACDToken)関連動画

ACDトークン(ACDToken)公式動画

記事がありません。

評価がありません。